FacebookGoogle MapsEmail
松戸キリストの教会歴史
  多くの教会活動や、宣教師のL.T.・ガガナス兄弟、又は奥さんのジョン姉妹の働きは、松戸キリストの教会の40年間の歴史書に記録されています。 上本郷駅の付近では、1961年から、季節において、毎年の教会活動と人数の増やしなどが強調されました。
 
  その頃、近所の子供たちは毎週、日曜学校に参加し、毎年クリスマスのパーティーで、その町内に影響を与えようとしました。 その他、クリスチャン新聞とトラクト配り、または、伝道会によって近所の皆さんにイエス様に付いて語り、好奇心を起こさせようとしました。教会の図書室にそれぞれの本を集めて、クリスチャン成長のために、教会員の聖書知識を増やそうとしました。
 
1960年代から、4,5人の伝道者が数年間教会に奉仕しました。渡辺兄弟は1961年の5月から、1967年の8月まででした。菊池正一兄弟は1970年の2月から、1972年の9月まで、教会のために伝道者となっていました。寺島兄弟は教会のために伝道者となっていたのは、1975年の6月から、1978年の4月まででした。さまざまの伝道者が茨城と東京地方からは、来れる時に来まして、いっしょけんめに教会を助けようとしました。柴村兄弟は1990年ころから、2003年まで、松戸教会の伝道者となりました。そのごろ、病気になったために、伝道活動を続ける事ができなくなりました。
しばらくの間、教会の皆さんは伝道者を求めました。つまり、教会員に聖書を教えて下さり、定期的に説教したり、日常生活のなかではクリスチャンとしての生き方を教えて、ヴィジョンを教会員に与えて下さるひとを求めて、祈り続けていました。 2007年の6月にスティーブン・キャロル兄弟はこの願いに応えて、松戸キリストの教会の伝道者・宣教師となりました。14年間、キャロル兄弟姉妹は立川キリストの教会の宣教師として勤めていましたが、2007年の10月に夫婦として、キャロル家族は松戸近辺に移って、働くようになりました。
さっそく、定期的な聖書学びを初めて、毎週木曜日の晩に日本語の聖書クラスが始まり、土曜日の午前中に英語の聖書クラスが始めました。上本郷の新しい家になれてから、キャロルさんたちは、松戸教会員と共に働き、その必要を探し出そうとしています。つまり、教会の皆さんはどのように霊性を深めて、霊的成長を成し遂げて、自分の付近では効果的に影響を与える事ができるかを勉強しています。神の祝福を求めながら、祈りながら、進めようとしています。いくつかの良い結果が神のおかげで、見えるようになっています。
Matsudo Church of Christ History
   Many of the church activities of the Matsudo Church of Christ were recorded in a booklet which commemorated 40 years since the church was begun by missionaries L.T. and Joan Gurganus.  Over the years, the church has seen many added to their number and various activites in each season of the year highlighted what the church has tried to do to grow in their community near Kamihongo train station. 
 
  Children in the community at one time came to Sunday School classes each week and Christmas parties were held each year as ways to try to effect the neighborhood. 
 
  Other efforts have been tracts, Christian newspapers, and gospel meetings to try to stir some interest in reaching out to the neighborhood to tell people about Jesus.  Books were gathered in the church library to try to help members further gain Bible knowledge for Chrsitian growth.
 
  The church has had 4 or 5 preachers since the 1960’s who have served the congregation for a few years. Bro. Watanabe was preacher from May, 1961 to August, 1967.  Bro. Shoichi Kikuchi preached for the congregation from February, 1970 to September,1972.  Bro. Terashima was preacher for the congregation from June, 1975 to April, 1978.  Various preachers from Ibaraki and Tokyo areas have also come to help the congregation as best they could on a part-time basis.  Bro. Shibamura served at preacher at Matsudo church from about 1990 until 2003 when he became ill and unable to continue as preacher for the congregation.
  For several years, the congregation prayed for and searched for someone who would come to try to teach the members, preach weekly on a regular basis, and to help the congregation gain a vision of what they should be doing daily as Christians in their own communities.  In June, 2007, Bro Stephen Carrell, missionary who had been working at the Tachikawa Church of Christ had an opportunity to respond to the need of the Matsudo Church of Christ and in October, he and his wife moved to Matsudo to begin work with the church there, agreeing also to live in the community.
 
  Some immediate changes were the beginning of regular Bible classes each week, one on Thursdays and another on Saturdays.  After having some time to settle into the new location, the Carrells have been working with the Matsudo church members to find out their needs to help them grow spiritually and to discuss together ways in which the congregation can begin to reach out more effectively into their own community.  This has been with much prayer and trying to take things slowly.  But there have been some good results